新型コロナウイルス感染予防策について


宿泊 研修 合宿 食事 勉強

《新型コロナウイルス感染予防策について》

 

YMCAコンフォレスト湯来
支配人

 

『衛生管理対策』と『感染防止対策』

 

新型コロナウイルス感染リスクのある状況下において、お客様に安心して滞在いただけるサービスを提供すべく、館内のさらなる衛生管理の強化と感染防止対策を徹底いたします。

 

<基本的考え方>

〇私たちは『衛生管理対策』と『感染防止対策』の2つの対策軸を掲げます。
〇『衛生管理対策』では館内の除菌対応、スタッフやお客様の健康面の確認を主に行います。

〇『感染防止対策』としては3密回避としてお客様とスタッフ、お客様同士の視点で3密が発生しづらい環境づくりにこだわり、従来のサービスを変化させて取り組んでまいります。
(新型コロナウイルス感染症への対策としては、感染クラスター(集団)の発生を防止することが重要と言われて おり、特に、①換気の悪い密閉空間、②多数が集まる密集場所、③間近で会話する密接場面の3つの条件が重なる場所において感染クラスター(集団)が発生するリスクが高いと言われています。

 

 

『衛生管理対策』

 

お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対策を行っております。

■館内入口をはじめ各所での除菌用アルコールの設置
■食堂入り口にて全てのお客様へのアルコール消毒の実施
■通常の客室清掃に加え、館内のアルコール消毒液による清掃と拭き上げを実施。
 特に、全客室の清掃は、手が触れる部分(ドアノブやリモコン、スイッチ類など)を除菌清掃。
■共用部分のトイレ・自販機のボタン消毒。
■食器類(お皿、グラス)の高温洗浄(80度以上)食事用トレイの除菌洗浄。
■フロントカウンターへ飛沫感染を回避するためビニール幕を設置。
■新型コロナウイルス感染症に関するご協力のお願いをお知らせしております。
■スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社時の検温と記録確認)とマスク着用の徹底。
■手指消毒のお願いをフロント・トイレでお知らせしております。
■フロントカウンター・ペン・ルームキーの消毒。

 

 

『感染防止対策』

 

密閉、密集、密接の『3つの密』を回避するべく、以下の対策を行っております。
■研修会場はできるだけ間隔を開けてセッティングする。
■食堂の混雑状況を管理し、食事時間の分散化を実施。
■食堂のテーブルの間隔と対面座席の配置の工夫。
■館内の定期的な空気の入れ替え。
■宿泊室1室あたりの人数を少人数に制限する。
■館内に注意喚起のサインを設置する。
ロビーの椅子は間隔を開けて設置する。

 

 

お客様へのお願い
当館へお越しの前に、発熱や息苦しさ、倦怠感の症状がある場合は、お出かけをお控えいただきますようお願い申し上げます。
体調に不安がなくとも、ご高齢者・基礎疾患のお持ちの方、妊娠中の方、未就学児童をお連れの方は、関係機関の情報を参考にしていただき、慎重なご判断をお願い致します。
また、入館後はマスク着用のご協力をお願い申し上げます。

最後に、皆様が安全にYMCAコンフォレスト湯来をご利用していただくために状況の変化に対応しながら随時追加の対策を講じてまいります。
何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

10名様より無料送迎、静かな環境のコンフォレスト湯来で研修・勉強合宿などいろいろな用途でのご利用が可能です。

 

 空き室情報はこちら